読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変な時間に起きてしまって

去年買った、永い言い訳をやっとさっき読み終えました

感想をと思い、取り溢さない様にと慎重になって

あれもこれもと頭の中でぐるぐると言葉を探していたら

それはいっぱいになって、溢れてしまう

またにした方が良い

 

なんとなく料理がしたくなり、料理をすると頭がスッとするので

読書と似ている気もして

正月は、カレーを作った

スパイスを買ってきて、やって見たけど、今振り返れば、迷いのある妙な味でね

連れに食べさせておいしい?って聞いたら

おいしいって言ったけど、言わせてるのかなとも思い

あの味は僕に似ている

作る人間が変わればきっと料理も変わるのでしょう

 あのお店の料理は、透明に透き通って

ターナー似?

 

アドルフ ヴェルフリが兵庫県立美術館に来る様で

アール・ブリュットの定義は、秘密、孤独、沈黙なんだって

だから、作品を発表したり評価をうけてしまうと、もうすでにそれはアール・ブリュットではなくなっちゃうんだ って

それを展示されるなんて、定義が、破綻している

見たいけど 見に行く